2010年11月15日

レゴのパーツにはどんなものがあるのか調査。

レゴ・お城シリーズ(レゴ・おしろシリーズ)とは、レゴ社が1984年より発売している子ども用玩具である。レゴ (LEGO) は、デンマークの玩具会社、若しくは合成樹脂 プラスチック製の組み立てブロックの玩具(商標の項で示すが会社側はこの呼称を良しとしない)。シンダールとドワーフ (トールキン) ドワーフとは一般的に不仲だが、レゴラスとドワーフのギムリとは異例の友情を結ぶ。レゴラス(Legolas, 第三紀 (トールキン) 第三紀 - )は、J・R・R・トールキンの中つ国 (トールキン) 中つ国を舞台とした小説、『指輪物語』の登場人物。プラスチックの部品を組みあわせるレゴの一種で、主に中世ヨーロッパの城、とりで、塔などがある。シリーズ末期にはレゴショーグンや忍者等がラインナップとして登場し、ヨーロッパから日本へ舞台を移した。レゴランド (LEGOLAND) は、アメリカ合衆国などにある、デンマークのレゴ社が、自社のレゴブロックを使ってレゴ パーツができるか、その可能性を紹介し、また休日を楽しめるようにと企画、設置したレゴのテーマパークである。レゴ社の本社所在地であるデンマークのビルンに1968年に設けられたものが最初である。なお、現在ではお城シリーズの後継としてレゴ・キャッスルシリーズが展開されている。レゴ社の歴史は、デンマークのビルンにオーレ・キアク・クリスチャンセンが作った木工所から慎ましやかに始まる。
posted by レゴパーツマスター at 07:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。